こんな問題を解決します

前科をつけたくない

起訴された場合の日本の有罪率は99.9%と非常に高く、前科をつけないためには、不起訴処分を勝ち取ることが非常に重要です。

前科がついてしまうと、一定の資格の取得や就職に制限が生じたり、会社によっては、解雇をされてしまうこともあります。そこで、前科を付けないようにするためには、起訴されないように、罪を認め素直に捜査に応じたり、被害者と示談をするなどといった反省を示す必要があります。

例えば、被害者がいる事件の場合、検察官が起訴を決定する前に、弁護士を通じて被害者に謝罪し、示談に応じてもらえるよう働きかけます。こうした活動は、また、被疑者が事実を述べ続けた結果、他に被疑者が犯罪を行った客観的な証拠がないとして、嫌疑不十分で不起訴や処分保留で釈放されることもあります。

弁護士は、不当な取り調べを受けるリスクを回避するためにサポートをしたり、接見を通じて精神的なサポートも行います。

前科を付けないようにするためには、早期に弁護士に相談してください。